FC2ブログ

サンテフォーヘアー美容師の日記帳

SANTE for hair は大阪 吹田市の美容室です。
SANTEの理念は「健康第一」。
髪の毛に負担をかけないメニューに特化しています。

気絶体質(笑)

皆さん、気絶したことありますか?


普通はそんなに気絶ってしないですよね(;・д・)


僕は自慢じゃないけど今まで生きてきた中で結構気絶してます


いわゆる気絶体質てやつです


そんな体質あるんか?と言われると


間違いなくありますね、気絶しやすい体質は


小学校の時、朝礼とか全校集会の時にたま~に倒れる子、いてませんでした??


あ~いうのが気絶体質だと思います


いわゆる貧血症ですね


鉄分不足体質ともいいます(汗)


僕は全校集会で、軽く三回は倒れましたね


後、リレーとかで全力疾走とかするとき。多分、200m以上全力疾走したらダメです。


それでも、二回ほど倒れました


後、社会人になってから、若い頃は割と……というか相当時間にルーズだったので、朝はよく全力疾走してました。


あまりにもギリギリすぎて限界突破したときは、やはり倒れそうになりましたね


思えば最初に気絶したのは小学校3年生の時、車にはねられて臨死体験みたいなのした時だな……あれで気絶癖がついてたりして(笑)


あ、後高校生の時にコーク杯グラス3杯(小さいグラス)一気飲みして急性アルコール中毒になりました。
これも気絶か?


後は家族などの親しい関係と確執というか自分の思ってた観念が覆されたとき……メンタルに負担がかかって気絶しました(;´Д`)


というわけで、明らかに気絶しやすい体質というのはあるわけですね。


これは僕の実体験で証明されてますね(`・ω・´)


まあ、だから何だって話しになりますが


気絶しやすい体質はあるという話しでした



良い季節になってきましたね✨





終わり


スポンサーサイト



意識の覚醒と呼吸

鬼滅の刃で「呼吸」て大事ですよね


これ、日常生活でもスゴく大事ですよね。呼吸止まると死んじゃうし。
んで、呼吸て唯一、意識的にできる自律神経のコントロール方法なんだって!


これは今まで「呼吸」を甘く見てたと言わざるを得ませんね……


呼吸を長くすればリラックスできる。


そして、僕の体感からして、「自我」の外に出るのに一番大事なのはリラックスだと思うのです


僕が体感からして思うだけで、他の人はどうかわからないけど


自我の外に出る……


皆んな、「自我の牢獄」というべきものに捕らえられてると思うのです……


僕は自分の自我と対面した時、本当に痛烈に思いました


がんじがらめや……


と……


そして自我の中にいるかぎりは本当の満足てやつは得られないんじゃないかな~と


多分、誰しも必ずいつかは対面すると思うのですが、それから目をそらして生きていくか向き合うか


引き寄せの法則ってありますよね


簡単に言うとポジティブに考えたらポジティブなモノを引き寄せるし、ネガティブ思考だとネガティブなモノを引き寄せるということ


こういう法則的なものはあると思いますし、人生を楽しむには重要な事だと思います。


人間の最大の欲求て自己実現て説もあるし。なりたい自分になる!
ていうのはスリリングで充実感ある人生の冒険ですよね


でも、この前から思うんだけど、人間ていつか死にますよね。


死は誰にでも訪れる


皆んなわかってるけどあえて目をそらしてるのが「死」だと思います


で、「自我の死」ていうのを経験した人達は多分、自己実現が全く違うものになるんじゃないかな


本当にいたのかどうか知らないけど、釈迦とかキリストとか。
今の人でいうと、ドイツのエックハルト・トールとか


僕も恥ずかしながら自分の「自我」に赤裸々に向き合っちゃいまして(〃▽〃)


でも、全然自我は死んでないです(笑)


その前に不死鳥のごとく復活したので(`・ω・´)


ていうか、人間でいるかぎり自我は死なずに上手く付き合っていくものなんでしょうね、きっと


エックハルト・トールの体験は自我の死というか無意味さとかに気付いたって事で、そこから自我と距離を置いて付き合ってるんだと思います


で、自我の外から世界を見れるようになったと


それを「覚醒」ってよんでるんでしょうね


自我の外に出ると世界と一体化したように感じるらしい。
で、エンパシー能力が飛躍的にアップする。



多分、古代の人達は自然と一体化してたんで、自律神経が超整っていて、エンパシー能力を自然に使いこなしてたんで、テレパシーとかも普通にしてたんじゃないかな。


今の文明社会では、ほとんどの人が本来持ってる人間の能力が退化してるんだと思う


これは文明と食事、生活習慣、あらゆる方面からやられてるんじゃないか


そして、世界のトップの人達は人間の潜在能力てやつをじゅうぶんに知ってると思う。
で、あえて我々を「魂の牢獄」というものに閉じ込めてたりして(陰謀脳)


皆んなが


は無理だけど、できるだけ多くの人達が


このエンパシー能力に目覚めていったら、地球という星はどうなるのかな


きっと今より素晴らしくなると思う


すみません、話しが壮大になりましたが


とりあえず五感や自我の外に出るのに、呼吸を意識して肩の力を抜いて常にリラックスするのが有効だと思います


でもこれ、本当にこのために生活してる!てくらい意識しないと忘れます(汗)


そして自我(思考)に振り回されないように


最近そんな事思いながら日々過ごしてます




終わり

一瞥体験

ちょっと一瞥体験をまとめとこうと思います。
色んな体験談がありますが。何回も繰り返していくみたいで。


スピ系の人達が覚醒について語るのをよく聞くけど、ほとんど体験伴ってないか、知識だけだったり、入口ちょっと見ただけなんだと思う。


共通してるのが、普通はコントロールできず、突然起こるみたい。
うちのお店に来てくれてる合気道の方は呼吸法でなったって言ってたな~。
意図的に起こせるとしたら脱力感がキーポイントなんだろうか。
後は「死」を身近に感じた時など。身近な人の死、臨死体験、自分の自我の崩壊(これはそのまま精神病コースも多いらしい)などなど。


まとめると大体このようになってるらしく↓


第一段階(入口)→意識の共有、ワンネス、繋がってる感じ、万能感、神の声が聞こえるなど……。


この入口で体験するのは至高体験で、これで勘違いしたらスピ教祖になったり宗教ひらいたりするのかな。でも入口らしいです。わからないけど。
とにかくスピ界隈ではここ数年、覚醒ブームですね~(笑)


第一段階を超えて体験が深まれば第二段階に移行する事が多く、これが仏陀の魔境ってやつかな??
黄泉の世界とも聞いた。


第二段階→絶望感、孤独感、無力感、無価値感、自我と向き合う、などなど……


巫女さんや降霊術とかの人達ではここで統合失調症を発症することがあるみたいで。
ドイツのエックハルト・トールは第一段階すっとばして第二段階で自我の死を経験した後、そのまま気絶して、死んだと思ったみたいです。次の日、目覚めたら何もかもが輝いていて、1年間至福感が続いたとか。今はその状態に慣れたけど、覚醒状態が深まってるみたいです。
無駄な思考をしない重要性を説いてますね。


僕もこの第二段階を経験しまして。


違う世界から自分の自我と向き合うんです。
自我というものは……人によって見るものは違うんだろうけど、僕の場合、認められたいとか、そういうのばっかりで根源的な寂しさみたいなのと自分の空っぽさを見ましたね~(-_-;)
そして五感がどんどん薄くなっていくんです。会話の仕方とか電車の乗り方とか、記憶とか、自分の存在とか、全部曖昧になっていく感じ。


もう元の世界に帰れないんだって思って凄く寂しくなったのを覚えてます。でも五感が薄れて記憶も自我も曖昧になり、何もかもどうでもよくなり……


エックハルト・トールは多分ここで自我の死を経験したんじゃないかな。
で、ここで統合失調症とかの精神疾患を伴う人も多数いるらしい。
僕の場合は徐々に五感を取り戻し、現実に戻ってきたけど、現実が夢なような気もします。
とにかく思考や記憶や自分や他人とかってひどく曖昧なものなんだな~て感じたし、今もそう思います。共感力はかなり増したかな。


漫画の話しだけど、Zガンダムのカミーユがラストでシロッコの悪意を受けて精神崩壊するけど、カミーユはニュータイプで共感力が異常に高いから悪意を受けやすいんでしょうね。
僕も人の感情を受けやすく特に身近な人の悪意や想念をモロに食らうと気絶したりとかしたこともあります(;´Д`)



そういう世界を体感するということは多分そのレールに乗ってるんで、次は三段階に移行していくんだろうな。
そういうものらしい。


エックハルト・トールが経験してるのが三段階なのかな。


その時に備えておきます






終わり











無価値

無価値感というのは多分、人間の根源からくる寂しさだと思います



思えば子供の頃はそんな事考えもしなかった。そもそも無価値だろうが何だろうが良かったんですよね、子供の頃は



もちろん普段はそんな事、意識もしないことがほとんどだろうけど、根源的なものにふと気付くきっかけがあったりする事もあります



人によっては強烈な体験をして、精神が耐えきれず統合失調症になったりすることもあるとか



それだけ別次元からの認証ってやつは普段の意識とギャップがあるのか



成長して大人になって色々な人間関係を作って、人間関係の重要性を認識する……独りでは生きていけないから。人間関係、コミュニケーション能力ってやつは生存能力と直結するのではないか……という脳の認識というか勘違いが、どんどん自分を縛っていくんでしょう



物事に囚われるほどに余裕と柔軟性がなくなります。スピではブロックを外すとかポジティブ思考とかあるけど、根源的な無価値感と向き合うのもありなのかもしれません。それをポジティブな上書きで誤魔化すか、認めてうまく付き合うか……何が正解なのかはわかりませんが……



鬱の人は「消えたい」と良く言うみたいで



死にたいじゃなく、消えたいと



わかるような気がします。人が自分に接してれるのを求めるけど、自分はうまく答える事ができないので相手を失望させる事がわかる。そして虚勢をはったり正当化してしまう



認めてしまった方が楽な気もするけど、先生の師匠、中村天風さんみたいに、自分に暗示をかけて克服するのも正解なような



あ、でも天風さんは暗示の前に絶望→無力感→修行→大悟からの暗示だった



とりあえず、また新しい視点からの自分と世界の認識が来るような気がするので……



相変わらず何が言いたいのか意味不明になったけど、いつかは自分の「存在」と向き合う事は避けられないだろうということでした、多分


無価値感とは違うけど、これまた強烈な体験で人格変わった一例。聖帝サウザーの場合↓




終わり



ディープステートの会合に参加してきました

先日、地球の支配者層の会合に潜入捜査してきました


支配者層はブルジョワなので会員制ホテルのロイヤルスイートを利用するみたいです


とりあえずロビーで記念撮影





ディープステートなんで顔出しNGみたいです……
自分も隠しとく






今後の地球をどうするか……支配者達も真剣です……


DSの朝食はイタリアン



DSのエネルギーですんごい体験をしました


リアルに滝汗です💦💦


その後、有馬温泉行ってスパやプールで汗流してスッキリでした


皆さん本当にありがとうございました


潜入捜査大成功(o´∀`)b





終わり


龍国日本



龍国日本



とある神話の創世記では何も無い所から宇宙の元が発生し。


同時に2体の龍体が発生して、一つの龍体は金色に輝き、もう一つは銀色に輝いていた


金色の龍体がうねりながら星々を撒き散らし、銀色の龍体からは水が吹き出て星々と大自然が生まれた


宇宙を創りあげた後に2体の龍体は地球に降り立ち、金色の龍体これを天之御中主神という。そこから実体化した龍体が日本列島となり、地球を守護する者となる。
これを国常立尊という。


日本列島は国祖、国常立尊そのものである。
なので日本は神の国、そして我々日本人は神の民。


神の民日本人はネアンデルタール人の遺伝子を受け継ぎ、何千年もかけて免疫力を強化してきた。
なので他国に比べてCOVID-19に対する耐性が異常に高い。という可能性がある、というお話し。






終わり

アナスタシアのクンダリーニヨガ

アナスタシアのクンダリーニヨガです。呼吸法と動きが一体化してスゴ~く効果的。
これとババジのクリアーハタヨーガが日課でござりまする🧘‍♂




終わったら横になって15分リラックスして休憩。これ大事。
とりあえず今はヨガが最優先。
もうすぐモンハン出るけど、ゲームする時間が勿体ないな……。いや、やり始めたら面白くてそっちに夢中になるだろうから、あえてスルーしよう💦💦


臨死体験

小学校3年生の時、やたらと事故とかケガが多かった。


スゴーく不思議なんですけど……


昔流行った聖闘士聖矢って漫画があって、それのキャラクターが装着する聖衣って鎧みたいなのがあるんだけど、その鎧をダンボールで作ってたんですよ。それでカッターでダンボール切ってて、勢い余って右足太腿を切りつけてしまって💦
5針縫いました(;´Д`)


そして、公園で遊んでたときのこと。


走り回ってて、ジャンプして着地した所に鋭い木の杭みたいなのがあって、それを勢いよく踏んづけてしまって💦💦
靴貫通して、足の裏に刺さってしまいました(;・д・)
これは3針縫った……
なんか、木のくずを取るとかで、めっちゃめちゃ痛かった記憶が。
確か、あの時は痛すぎで泣いちゃいましたね。
それはもう痛かったですよ(つд`)
これも右足。


後は排水溝の金具みたいなの?の上を歩いてて、金具が腐ってたかなんかで脆くなってて、踏み破って、足がズタズタになったんですよね。
これも右足なんです……


後、川で泳いでて、流れの速いところで流されてしまって、少しの間流されたんだけど、デッカい岩にぶち当たって助かったんですけど、その時に強打したのも右足の付け根。


そして極めつけは、まあ自分の不注意なんだけど、軽トラにはねられて、吹っ飛んで足を思いっきり擦りむいて、これも右足(゜д゜)
車にはねられて吹っ飛んだけど、奇跡的に骨とかに異常はなく、右足太腿がズタズタになっただけですみました。
この時、一瞬、体から離れたんですよね。


結構覚えてるんですけど、何か泣いてる自分を上から客観的に見てるんですよね。やたら冷静だったような記憶があります。
自分は泣いてたけど痛くもなんともなかったんで、死ぬときとか、苦しんでる人って実はもう体から離れてて、痛みを感じてないんじゃないかって思ったりします。


そんな感じで、人生の事故が小学校3年生に集中してたんですけど。
全部右足のケガなのが不思議。


そして、うちの母親は生まれつき右足が悪くて、僕が小学校3年生の時、右足の手術をしてました。


右足何かあるのかな……






終わり

COVIT-19はサイトカインストーム症候群である

というのが、信憑性高いと聞きました。とある筋の情報で……


👇この説明ですね
リンク

陰謀論界隈ではインフルエンザと変わらない!という意見が多いですが、これは間違いだと……


ワクチンについては、BCGによって自然免疫力が強化されると結核菌以外の感染症に対する免疫反応が強化されるので、ワクチンを使って体を鍛えよう!という発想は悪くないけど、免疫力の強化を間違えると、今流行ってるウイルスには効果あるものの、突然変異したよく似たウイルスが襲ってくると免疫細胞が過剰反応して、致死率が急上昇!というリスクがあるみたいです。


日本人というのはネアンデルタール人の優れた免疫力を受け継いでいる民族らしく、更に様々な方法によって何千年も前から免疫力を強化してる工夫がなされてるみたいで。
これが他の国と致死率が全然違う理由みたいです。


なので余計な対策などをしない方がリスクは低いみたいですね。
ただ個人差がもちろんあるので、病気に罹りやすい人はワクチンを打つ選択肢もあるかもですが、やっぱりリスクはあるんでしょうね……


う~ん悩ましい(;´Д`)


うちの店に来られてる、内科の開業医の奥さんはワクチンはリスクが高い割に効果が限られてるし、そもそもあんまり効果ないから家族全員打たないって言ってたし。


僕もインフルエンザのワクチンは全然打ってないけど、離婚する前の家族の時は僕以外ワクチン打ってて毎年、僕以外インフルエンザ罹ってました。


僕は全く罹ってませんでした


まあ、自分の判断なんだろうけど。


実はこのコロナ騒動の前……去年の1月頃かな?


原因不明の発熱と嘔吐感と肺炎ぽい症状がありまして。普段は風邪とかひかないし、罹ったとしても気づかないレベルなんですが、その時は1週間くらいしんどかった。
もしあれがコロナだったとしたら……


免疫力獲得して、無敵状態では??


日本人の場合、致死率高いのは高齢者だし、若者たちはどんどん罹って集団免疫力を獲得して、社会を盛り上げていったら良いのでは、と思ってしまいます




終わり


誕生日

どうやら今日は自分の誕生日らしい。


すっかり忘れてた💦


というか今何歳だっけ?って本気で思う。


誰かが、自分の年齢は忘れた方が長生きできるよ~って言ってたけど、これは確かにそうかもしれない。
潜在意識レベルで本気で思い込んだら、細胞も変わってくるらしいので。


ただ、スピの人が言う潜在意識を使った「引き寄せの法則」は半分ウソだな、多分。


潜在意識を使いこなしたら何でも叶う、そんな都合のいい話はない。と思う。


でも半分は本当だろうな……


持って生まれて与えられた運命+先祖代々からの因縁とか色々あるらしい。そしてそれ+自分の情熱や努力。多分、「情熱」がキーポイントだな……


何も考えずポジティブ言っとけばいいってやつは大ウソ(`・ω・´)


で、何だっけ


あ、自分の歳を忘れたら長生きできるよって話しなんで、このまま自分の歳忘れていこうと思います(笑)




終わり
SANTE for hair です
こんにちは。SANTEの井本健太郎です。 本当に頭皮と髪の毛に良いものを探求しています。 SANTE for hair 大阪府吹田市山田市場8-1-2F 06-7165-3878

亥ヌ沘古

Author:亥ヌ沘古
クリヤーハタヨーガの修行しながら美容師してるサンテフォーヘアーのオーナー兼スタイリストです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
http://crabangjuiceplus.com/
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://crabangjuiceplus.com
http://crabangjuiceplus.com/
SANTE公式
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR