FC2ブログ

SANTE for hair 井本健太郎の美容師日記

SANTE for hair は大阪 吹田市の美容室です。
SANTEの理念は「健康第一」。
髪の毛に負担をかけないメニューに特化しています。

毛染めの薬害

こんにちは、ジアミンを使わない白髪染めが得意な美容室、SANTEの井本です。


毛染めの薬害はどれほどのものでしょうか?


一般的な毛染めに含まれるもので有害なものは大きく分けて2種類です。
まず黒い髪の毛を明るくするための脱色剤、


【過酸化水素】

化学式でH2O2、強力な酸化剤、漂白剤として使われています。
強い腐食性を持ち、皮膚などにちょっとでも付くと電気が走ったような痛みがあり、白斑になってしまう位の強い薬液です。

もう一つが、


【パラフェニレンジアミン】

ジアミンですね。
ほとんどの毛染めに入ってますが、超強烈なアレルギー反応を示すことがあって、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるほどです。
手軽に染められるものだけに、危険性への認識は少ないのは大問題だと僕は思います。


髪の毛自体は死滅細胞なので、どれだけ強力な薬品を塗っても、薄毛抜け毛の原因にはなりません(髪の毛へのダメージはあります)が、特に白髪染めの場合は頭皮にベッタリと有害な薬品を塗りたくるわけで(゜ロ゜)


カラー剤には発毛環境を破壊するぐらいの強力な刺激成分が含まれてるので、自然治癒力を越えた周期で毛染めを繰り返せば、薄毛抜け毛の原因になります。


あとは頭皮は体への吸収率が高い部位なのです。


二の腕の内側を1として吸収率を比較すると、腕の外側は0.83倍・手の平も0.83倍・足首は0.42倍なのに対して、頭皮は3.5倍です。


皮膚から侵入した有害化学物質は、少しずつリンパ管や血液に侵入し、体中を巡ります。


その後、肝臓で処理され、尿として排泄されることもあれば、子宮などの臓器に蓄積される場合もあります。


実際、有害化学物質に触れることの多い女性は子宮筋腫になりやすい、というデータもあるのです。




毛染めは頭皮から吸収されて、体全体をかけめぐります。
僕たちが思ってる以上に害がありそうですね。


これだけの薬害があると皆が知ってれば美容師の商売あがったりですね|ω・`)


でも、特に女性にとって白髪染めは若さを保つために重要なものですよね。


万能な毛染めというのは今のところなくて、一長一短なんですけど、毛染めの薬害が気になる方は是非ご相談くださいm(_ _)m



SANTE for hair
吹田市山田市場8-1-201
0671653878
ホームページ↓
リンク

#吹田市 美容室 #ノンジアミン白髪染め #ザクロペインター #抜け毛予防 #天然ヘナ #予防美容

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SANTE for hair です
こんにちは。SANTEの井本健太郎です。 本当に頭皮と髪の毛に良いものを探求しています。 SANTE for hair 大阪府吹田市山田市場8-1-2F 06-7165-3878

井本健太郎

Author:井本健太郎
SANTE for hairブログの閲覧ありがとうございます。

本当に頭皮と髪の毛に良いものを探求する美容師のブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
http://crabangjuiceplus.com/
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://crabangjuiceplus.com
http://crabangjuiceplus.com/
SANTE公式
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR